TOP >> 老化を防ぐ方法を教えて|スローエイジングを目指す

スポンサーリンク

老化を防ぐ方法

スローエイジング

 

時々、自分の老いを感じる事ってありませんか?

体力の衰えを感じることは、結構ありますが、自分の顔を見て感じることってないでしょうか。

普段、鏡を見ても何も気付かないと思いますが、もしよろしければ老眼鏡をかけて鏡を覗いてみてください。

 

びっくりするほど、細かいシワやシミ、毛穴の開きに気が付くはずです。

その時、誰もが思うのが、若い頃のような、ハリのある肌・・・取り戻したいと思うはずです。

できれば、ひっそり、自然に若返る方法があれば、知りたいですよね。

 

 

スローエイジングを目指す

多くの方が、20代の頃の自分をイメージして、昔に戻りたいと口にしますが、実際にシワやたるみを若い頃のようなレベルに戻そうとすると、それこそ大変な手術が必要になったりします。

これは、いきなり容姿が変わるので、目立ってしまいます。

ゆっくり歳をとるスローエイジング、あまり目立ちたくないならば、目指すべきはこれです。

 

 

例えば、同い年でも、妙に老けている人や、若々しい人がいます。

これこそ、スローエイジング、若く見える人は、ゆっくり歳をとっていると考えればいいでしょう。

周りの人達よりも、半分のスピードで老化していけば、10年後は、5歳の開きが生じます・・・つまり、5歳若いということになります。

 

同じ歳をとるにしても、半分のスピードで歳をとっていけば、どうなるか、わかりますよね。

 

 

抗酸化力を高めて酸化に対抗

酸化は、老化の一番の原因になります。

酸化することで、鉄の釘が錆びるのと同様に、老化は体が錆びることを言います。

老化の原因が、酸化ならば、遅らせてやればいいのです。

 

人の体は、ばい菌や細菌から細胞を守る為、活性酸素を作ります。

これが、適量であれば問題ありませんが、日常のストレスや偏った食生活、最近指摘されるようになった紫外線、喫煙や過度の飲酒など、その活性酸素が過剰に作られる原因は多くあります。

 

 

抗酸化という言葉を、よく耳にすると思います。

抗酸化とは、説明が難しいのですが、もともと体の中では、酸化に対抗するために抗酸化力が備わっているのです。

抗酸化力こそが、カラダの老化や病気に抵抗してくれる力になり、抗酸化力が高い人ほど病気にかかりにくく、肌も綺麗だと言われます。

 

もしあなたが、活性酸素を過剰に発生させるような生活や環境にいたとしたら、元々備わっている、抗酸化力だけでは対抗することができず、老化が進んでしまいます。

 

これらの事から、まずは活性酸素を過剰に発生させないような生活を改善することから始めれば、老化の進行を遅くすることができるかもしれません。

それに加えて、抗酸化力を高めることができれば、より一層、老化の進み具合を遅くできるのです。

 

では、どうすれば抗酸化力を高めることができるのでしょう?

次の物は、抗酸化物質と言われ、抗酸化力を高めてくれると言われています。

ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、リコピン、カテキンなど、これらを多く含む食品を選ぶようにしましょう。

 

もっと、手っ取り早くという方には、サプリメントや注射、点滴などで、酸化を抑えることもできるのです。

 

 

抗酸化力を高める方法

同い年でありながら、自分以上に若く見える人っていませんか。

実年齢より若く見えるような人は、抗酸化力が高いと言ってもいいかもしれません。

意識的に、抗酸化物質を多く含むような食品を摂るようにしたり、サプリメントで補ってみることで、過剰に発生した活性酸素に抵抗する力を高めることができます。

もっと直接的な方法として、高濃度ビタミンCを、点滴で直接血管の中に取り入れ、抗酸化力を得るという方法もあります。

 

ビタミンCは、抗酸化力を高めてくれるだけでなく、メラニンの生成を抑えてくれるので、美白にも効果があり、他にも様々な作用があります。

風邪なんかひいた時、ビタミンCを摂るといいという話しは良くききますよね。

このようにビタミンCには、強力な抗酸化作用があり、老化防止や病気の予防といった、重要な役割を果たしてくれています。

 

高濃度ビタミンC点滴とは

では、高濃度ビタミンC点滴というのは、どういうものなのでしょう?

直接血管に、高濃度のビタミンCを点滴することで、ビタミンCの血中濃度を急激に上昇させ、短時間で体内にビタミンCを行き渡らせます。

そうすることで、高い抗酸化作用を得ることができるのです。

同様に、美白作用も期待できるだけでなく、コラーゲンの生成も促してくれるので、肌に弾力を与えて、皺やたるみを目立ちにくくしてくれます。

 

しかし、ビタミンCといえば、一度に大量に摂っても、排出されてしまうということを良く聞きますが、問題はないのでしょうか。

一度に沢山摂ることで、即効で刺激になり抗酸化力が上がります、さらに、尿と一緒に排出されてしまうので、過剰摂取による副作用の心配もそれほどありません。

ただし、問題は、腎機能、腎臓の機能が低い方や、栄養状態に問題のある方、人工透析中の方は受けることができません。

そして、G6PD欠損の異常のある方は、赤血球が壊れやすいので、必ず事前に、G6PD検査を受ける必要があります。

 

 

血液オゾンクレンジング療法

抗酸化力を高めて、老化のスピードを遅らせる、他の方法として、日本では一般的ではないですが、ヨーロッパ諸国では既に確立された方法として、血液オゾンクレンジング療法というのがあります。

これは、まず、100mlの血液を専用ボトルで採取し、採取した血液にオゾンガスを混合して再び体内に戻す療法です。

オゾンは、代謝や免疫を活性化させるために最適な量を正確に投与されます。

 

血液とオゾンが反応すると、どす黒くなっていた血液も、一瞬で鮮やかな赤い色に変化します。

血液オゾンクレンジング療法の効果としては、活性酸素を減少させ、細胞の若返りを促進します。

人によっては、脳や目に酸素が行き渡ることで、治療中から視界がクリアになることもあると言われています。

 

血液の循環が良くなることで、肩こりや冷え性などの改善効果も期待できますし、全身の疲れがとれたり、快眠や免疫力が上がることで、風邪をひきにくくなる効果も期待できるとのこと。

感じ方には、個人差がありますが、月に1回ほど、継続的に行うことで、カラダの変化を実感できるようです。

 

 

血液にオゾンを入れ、クレンジングすると聞くと、怖い気もしますが、ヨーロッパでは、肝炎やHIVウイルスの増殖を抑制するのに使われており、狭心症や心筋梗塞などの、虚血性疾患に対しては、保険適用にもなっています。

実は、101歳まで生きた、エリザベス女王のお母様も、週に2回、血液オゾンクレンジング療法を受けており、話題になりました。

 

副作用や感染症の心配も、これといった副作用の報告もなく、使用する医療器材は1回限りの使い捨てなので、感染症の心配もありません。

利用するのペースとしては、月に1回くらいになります。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メニュー

免責事項

※当サイトは生理と便秘と肌荒れの関係についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 生理と便秘と肌荒れの関係には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。