TOP >> 排卵期の肌荒れ

スポンサーリンク

排卵期と肌荒れ

排卵期は肌が健康

女性は毎日ホルモンバランスによって、肌が作られたり生理が始まる期間が決められます。

生理が終了してから約1週間後くらいに、排卵期と呼ばれる女性ホルモンが一番活発になる期間がありますが、通常ですとこの期間は女性ホルモンのエストロゲンが、1周期の中で一番豊富に体内で働いているため肌もとても健康で艶がある状態で、ニキビや吹き出物が最も少ない時期です。

 

黄体ホルモンが肌荒れの原因

そして排卵が終わると同時にエストロゲンが低下して、次に卵胞の黄体から放出されるホルモンが活発になりますが、その性質により肌荒れの原因の1つと考えられています。

黄体ホルモンがまだ少ない生理終了後から排卵前の間で、なんとなく肌の調子の悪さを感じている方は一度基礎体温を付けてみたり、婦人科を受診されることをお勧めします。

 

ホルモンバランスの崩れと肌荒れ

女性が何らかの婦人病に疾患している場合は、基礎体温のグラフがガタガタになったり生理の様子がいつもと異なっていれば、それが体からのサインになっていることもあります。

医療機関では場合により血液検査をしてホルモンバランスの検査も行いますので、結果によって適切な治療をすると頑固な肌荒れも案外収まることも多いのです。

体質と生活環境が肌荒れに

元から皮脂が詰まりやすい肌の方や、基礎化粧方法が間違っている方、肌に合っていないものを使い続けている方、寝具が汚れており細菌がたくさん付着していたり、あるいはシャンプーやリンス、スプレーなどが肌に残留している場合や生活環境が悪ければ、肌荒れはいつでも起こりますので1つずつ見直してみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

メニュー

免責事項

※当サイトは生理と便秘と肌荒れの関係についてのあくまで一般的な解説を行うサイトです。 生理と便秘と肌荒れの関係には個人差があります。症状や病気の判断は必ず専門医にご相談ください。 当サイトの情報に基づき生じた損害につきましては、その責を一切負いません。